2012年 09月 25日
女三人箱根旅~るぅちゃんお留守番~


上野の翌日、早起きして箱根へ行きました。

d0208555_15474883.jpg


箱根ロマンスカー

何でしょう。

その響きだけで一気に旅気分にさせてくれる凄い電車です。


10時前には箱根湯元に着き、すぐさま箱根登山鉄道に乗り強羅へ向いました。

この時期の箱根登山鉄道は紫陽花電車と呼ばれるだけあり線路脇には見事な紫陽花が咲いています。

それを愛でながらの優雅な電車タイムのはずが、

外国人ツアーの団体客と重なり、鮨詰め状態の車内で紫陽花どころか

友達の顔もまともに見ることも出来ないまま強羅に到着。ひぇーたすけてー

思わぬところで満員電車を体験した我等三人なのでした。(田舎ではなかなか体験できないもんね)


d0208555_154856.jpg


11時開店の田むら銀かつ亭

開店前だというのにすでに10組以上来ていました。

私たちも名前を記入して待つこと10分少々。

第一陣で呼ばれ店内へ

食べるものは決まってましたが一応メニューも一通り目を通しつつ

『豆腐かつ煮御前、みっつ!』

噂どおり、美味しゅうございました。ごちそうさま。



d0208555_15481710.jpg



d0208555_15483828.jpg



お次は強羅駅前からバスに乗り、箱根ガラスの森美術館へ。

メルヘンな世界と美しいガラスを堪能し生バンドとカンツォーネを聴きながらお茶を頂きました。

これに関しては、『えー?!何だって?!聞こえなーい!』

となってしまうほどの大音量だったので、なくてもいいじゃないのかしら。(私達的には)


再びバスで強羅に戻り、お次はケーブルカーに乗りました。

d0208555_1548477.jpg


シートが紫陽花柄なの。

先ほどとは違い、ゆっくり座って紫陽花も撮ってみたけど、こんな出来。(せっかくだから載せてみた)

早雲山で下車し、今度はロープウェイに乗って大涌谷に向います。

d0208555_15492070.jpg


ロープウェイからも天気がよければ富士山がばっちり見えるらしいんですが

あいにくのお天気で真っ白。。。明日に期待

ひとつ食べれば7年寿命が延びると言われている黒玉子が売っている玉子茶屋を目指し

駅から軽い登山。15分くらいかな?

ひぃひぃはぁはぁ言いながら、14年寿命を延ばし下山。


d0208555_15493076.jpg


お宿自慢の富士山が見える露天風呂で、日本酒を頂きながら(お風呂に日本酒サーバーがある)

ハードな一日を振り返って

『明日は富士山見えるといいねー』

『るぅ元気かな。』

『元気に決まってる。』

など、かみ合ったりかみ合わなかったりする会話をしながら就寝。


翌朝は部屋からも露天風呂からも見事な富士山が観れました。


d0208555_15495784.jpg


でもロープウェイで芦ノ湖がある桃源台に向かう頃には隠れてしまい、写真に収める事は出来ず。残念


d0208555_1550669.jpg


芦ノ湖で海賊船に乗り、最後まで先頭を陣取り、タイタニックみたいことをしたり

終始うかれぽんちなアラフォーを他の乗客は悲しい目で見ていたかもしれないけど

ノープロブレム

元箱根で降船。


d0208555_1550244.jpg



山のホテルサロン・ド・デ・ロザージュ

ここもテレビで見ていてずっと来たかった場所。

目の前で、りんごパイのお皿の上にソースでお花やハートを描いてくれるの。

芦ノ湖を眺めながら超リッチな気分を味わってきました。

本当に優雅な時間でした~



後はもう帰るだけです。


d0208555_15503666.jpg



バスで箱根湯元に戻り、それぞれお土産を買ってお昼を食べて

旅気分を最高に盛り上げてくれたロマンスカーで帰ってきました。

私は16時に帰宅。

るぅちゃんは朝からお留守番で発狂気味でした。(寂しかったと言うより怒り心頭って感じ)ごめんよ


今回、ロマンスカー以外の全ての乗り物は箱根フリーパスを使ってます。

毎回チケットを買わなくてもいいし、お得だしとっても便利でした。

旅記録として残したかったので細々書いてしまいましたが

全て計画通り行き、なかなか充実した一泊旅行でした。

るぅちゃんもいないのに最後まで読んで頂きありがとうございました。







d0208555_15533712.jpg


次はどこに行こうかね。


『富士山をバックに』
素敵なご夫婦に撮って頂いた、真っ白なロープウェイ内にて
[PR]

by ruu-maki-shin | 2012-09-25 18:24 | 私のこと


<< 今年も膀胱炎。涙      東京都美術館へ >>